コーポレートガバナンス

アバールデータ コーポレートガバナンスコーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、企業倫理及び法令順守の重要性を認識し、社会的責任の遂行や経営の健全性の向上を図ることを目的として、より一層の株主価値を重視したコーポレート・ガバナンスの構築に取り組んでおります。また積極的な情報開示を行い、経営の透明性、公平性を高めてまいります。

コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況

当社は、監査等委員会設置会社を採用しております。
役員構成は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び委員の過半数が社外取締役で構成される取締役で構成されております。

取締役会は、原則月1回定期的に開催し、会社の重要事項などについて、経営の基本方針に基づき、法令及び定款に違反なきよう慎重に審議しております。監査等委員は常勤、非常勤を問わず取締役会に出席し、業務執行権限の取締役の職務執行に対する監督を強化するとともに、適宜意見表明等を行い経営のチェックを行ってまいります。

内部統制システムに関しては、業務の有効性・効率性及び財務報告の信頼性の確保のため、内部統制事務局および各部門により継続的に各種社内規程の見直し及び文書化を行っております。また、内部監査室により内部監査方針や計画に基づき部門毎に年2回定期内部監査を実施し、内部統制システムの整備及び運用の有効性の評価を行っております。また、監査法人より、通常の会計監査および内部統制監査のほか、コーポレート・ガバナンスの充実などについても、適宜、アドバイスを受けております。そして顧問契約を締結している弁護士より、コンプライアンス等に関して適宜アドバイスを受けております。

なお、当社最新のコーポレート・ガバナンス状況につきましては、「コーポレート・ガバナンス報告書」をご覧ください。